So-net無料ブログ作成

線路周りコネタ その2 [プロジェクト-A4-1 通洞]

 このままではバラストの上にダクトが放置されている感じなので、ブリッジを追加します。

10061104.JPG
 珍しく実写。非常に示唆に富んだ画が撮れました。
色は三菱ポスカの「はいいろ」とか、ガンダムマーカーの「メカグレー」が近いですかね。
余談ながら最近、ポスカを売っているのをあまり見ないんですが、造ってるんでしょうか?
あの「ちゃいろ」は、手軽に床下機器を汚すのに重宝するんですが…
ガンダムマーカーのフォーマットとか見るに付け、
ポスカの売れない色のラインでOEMしてガンダムマーカーを造ってるような気もしないでも。
 
下に落ちている缶(500ml缶)から推測すると、ブリッジの上下幅は15cm程度となり、
通常はIビームを組んだ支保工の上に乗せられているようです。

10061101.JPG
材料は適当に目の細かいコピー用紙。顔料インクで線を引いて、1mmに切り出します。

10061102.JPG
草やらバラストやらが邪魔極まりないですが、付きました。

10061103.JPG
支保工とジョイントを同じく1mmの帯材から切り出して接着、
最後に段差に警戒色の黄色を差して終了です。
今回の工作で、最小限の労力で最大限の効果を挙げたのは警戒色でした…


ひっそりと参加中。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

線路周りコネタ [プロジェクト-A4-1 通洞]

 周りの地形を造り始めてしまうと手が付けられなくなるので、
線路周りの修正をしていきます。
ここら辺の手順に関しては、人によっていろいろやり方があると思うのですが
僕は作りたい情景をできるだけ完成させて、
それを寄せ集めて一つのレイアウトを造っていくほうなので
全くの作成途上にこうしたコネタを盛り込んでいってしまいます。

 まずはダクトの処理。
10061001.JPG
敷地の端に埋まっていたダクトが、橋台にキチンと乗り上げるようかさ上げされています。
建築限界的にはどうなんでしょう?? 普通は施工の簡略化のために橋台寸前で上げるかも。
 ダクトの乗り上げ部の継ぎ目にスキマが開いていて、何故か遠目に見ても目立ちます。
蓋を現物合わせで切り出して、貼り終えた時からの懸案でした。

10061002.JPG
セメダインの木工パテを塗りこんで穴を塞ぎます。

10061003.JPG
半乾燥後、精密ドライバーをコテにして整形。大分目立たなくなりました。
実際の施工例でもダクトの傾斜がきつすぎる時にモルタルで固めている所がありますね。
これで雨でも安心(笑)
こういった穴一つで出来不出来が大きく左右されるから、奥が深すぎます。



ひっそりと参加中。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

古民家再生 その1 [ハラクマ地所]

 「チルチンびと」みたいな題になりましたが、当然模型の話です。
ハラクマ地所(職場の同僚でありネ申)の事業整理に伴う大量の譲渡物件の中に、
以前から欲しかったTOMIXの「茅葺農家」と「アパート」がありました。
念じれば願いは届くものですね。10年以上お預けしておいてよかった。
ハラクマ氏感謝カンゲキです。

10060201.JPG
 さて、TOMIXのストラクチャ中最強との伝説を持つ茅葺農家ですが、
やはりモールドの甘さとオモチャっぽさは隠せません。
せっかく手を入れるならと、佇まいを丸ごと改造する事にしました。
コンセプトは「海沿いの集落にある古民家」。

 まずはベースから取り外し、分解できる所は全て分解して、
屋根固定用シャフト及びベース固定用のツメを切除します。
シャフトはどうせ床を張るので適当に取りましたが、
ベース固定用のツメは丁寧にヤスリ掛けして地面とツライチにします。
10060203.JPG
ベースからは使えそうなモールドをストックしておきました。今回は井戸と流し。
ベースには、茅葺家屋なら必ず軒先にできる雨だれの洗掘も再現してあるんですね。
昔のTOMIXのクセに意外と芸が細かいです。

10060204.JPG
 次に軒の張り出しをカットします。
一応切りたい所をナイフでケガいてからペンチでむしり取りましたが、
罫書きが浅くボコボコになりました。まぁ天然木っぽいという言い訳で妥協。
 実は茅葺民家として生かす場合も、軒カットが自己満的小改造に有効です。
そのまま屋根を被せ、下から見れば、茅と壁の間に隙間ができて実感的になりますし、
屋根内側のリブが垂木のようにみえるというオマケ付き。
ただ、この改造をした所で、レイアウトに乗せてしまえば下から覗く事はないわけで…
自己満の極みと言えばそんな感じもなきにしもあらず。
10060205.JPG
今回は屋根をそっくり造り替えるのでこの工程は必須です。


ひっそりと参加中。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。