So-net無料ブログ作成
検索選択

幹線隧道三本勝負(1) [high線]

 地理的な要因でかよく知られ、最近また廃線本なんかにも取り上げられているので、
かなり有名な部類に入る廃トンネルが、某幹線沿いにひっそりと三本、
その身を横たえています。

 ちなみにこの隧道を紹介すると、必ずと言ってもいいほど
定型文のスパム的なコメントが付くので、今回は固有名詞は出しません。

11072501.JPG
日本国内ではかなりレアな存在ではないかと思われる、電化・複線・石造隧道。
今は竹林の静かな陽の中に沈んでいます。
ここを100km/hオーバーの電車が駆け抜けていった事は、にわかには信じられません。

 最初にこの廃止区間の存在を知ったのはもう10年も前のことになるでしょうか。
海沿いの鄙びた雰囲気が大好きだった僕は、
よくなけなしの小遣いを券売機に入れて切符を買い、
この隧道の先にある街に写真を撮りに行っていました。

 その時に車窓に見たのがこれ。
11072504.JPG
草に埋もれ、本線から離れていくガーダー橋。
こいつの存在が気になり、地形図や航空写真を見まくると、
どうやらここには古い線路があったらしい、という事が判りました。

 10年の間、今までに数回アプローチを試みたんですが、
谷が一つ違ったり、私有地に阻まれたり、巨大な防護設備の上には出たものの
梯子が長すぎて無装備で降下できなかったりと、
とにかくこいつには煮え湯を飲まされてきました。
しかしながらちゃんとしたアプローチルートを見つけてみれば、
なんだ、ちゃんと安全な場所に踏み跡がついてるんですね。

11072502.JPG
 竹林の中に突如現れる架線柱と、石造りの坑門が印象的なこちらの隧道、
中に入ってみると、省力化工事の資材置き場になっています。
スラブ路盤が並べて置いてあって、ばったり保線屋さんに出くわした時には
いい隠れ場所になるかもしれません。

11072503.JPG
 もう一方の坑門が西を向いているので、時期によっては坑内が金色に輝きます。
古い架線吊りを撮ってみると、なかなかいい色合いになりました。
 ちなみに、この区間の電化設備では、ガイシはほとんど残置されています。
遠目には小さく見えても、実は直径が30cmもあるような瀬戸物の塊ですから、
落ちてきそうなやつの下には、できるだけ行かないようにしましょう。


ひっそりと参加中。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。