So-net無料ブログ作成
検索選択

土木工作 [プロジェクト-A4-3 ゴロタ灘]

 今回は多少本格的な線路の敷設をします。
11070301.JPG

 今回使用するのはPECOのフレキシブルレールです。
前回使用したKATOのレールは頭でっかちでどうも・・・という感想だったので。
他社レールとの接続の際に多少の工夫は必要になりますが、
「意外と線路って細い!!」 という印象を十二分に再現してくれます。
なお、今回は曲線半径が非常にきついため、路盤のベニヤに小釘で固定しています。

11070302.JPG
 一度路盤を組みあげたら、ロックシェードの坑門と地山を当ててクリアランスチェック。
この地山の素材は前述の鍋の緩衝材で、ロックシェードの地山側Rは、そのまま鍋のRになります。
なお、枕木の間には木工パテを充填し、例によって「埋まっちゃった枕木」を再現。

11070303.JPG
 路盤はたっぷりボンドで地盤に接着し、クランプで48時間固定しておきました。
地盤は鍋の蓋の緩衝材になります。いいRが出てくれる反面、密度にばらつきがあるので
多少不安定なのが玉に傷な感じですかね。

11070304.JPG
 路盤の固着を待っている間にロックシェード外側を組みます。
坑門部と側壁をがっちり固定。

11070305.JPG
 路盤の固着がすんだら、固定に使っていたクランプを外し、ロックシェードを被せてみます。
なかなかいい感じです。立山あたりにありそうですね。

11070306.JPG
 試験塗装をしてみました。運転手の目線だとこんな感じに見えるでしょう。
もうちょっとウエザリング&苔を追加しないと、新品っぽいですね。


ひっそりと参加中。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。