So-net無料ブログ作成
検索選択

経年変化 [プロジェクト-A4-3 ゴロタ灘]

 めでたくいい具合にできてくれたトンネル(トンネルというかロックシェードかしら)外壁に、
ディテールを追加して「山の中でコキ使われている感じ」にお化粧していきます。

 まずは4mm角材で補強リブを作成。
11062601.JPG

 補強リブを付けると、外見的に「建造年代の古さ」を感じさせるアクセントになります。
コンクリート建築技術があまり進んでいなかった時、もしくは資材が不足していた時に、
ムリヤリ険しい場所に線路を通した印象でしょうか。

 次に、屋根上から流れてきた土砂を含む流水で
外壁がガリガリ洗掘された痕をカッターで掘っていきますが・・・
11062602.JPG
あんまり目立たないなぁ。

グレインペイントで一度塗ったらリューター出動!!
11062603.JPG
いい具合に掘れました。

 洗掘された場所は、骨材の砂利が顔を出してしまっている事が多いです。
11062604.JPG
路盤用バラストを購入したら、フルイをかけて荒目、中目、細目に振り分けて
タッパーに保存しているのですが、今回は細目の出番。
洗掘痕に艶消しニスを筆塗り後、バラストを指でつまんでパラパラと振り掛けていきます。
塗装をしたらさらにいい具合になるでしょう。


ひっそりと参加中。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

はまさん

HALさま、nice!ありがとうございます。
by はまさん (2011-06-28 22:27) 

はまさん

kiyoさま、nice!ありがとうございます。
by はまさん (2011-06-28 22:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。